×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マジェスティー125のカスタム情報

マジェスティー125

マジェスティー125という選択はどうでしょうか?原付では不満!高速道路は走れないけど、制限速度は普通車と同じ50km/h!原付のように二段階右折をする必要がない!軽自動車税も¥1600(91cc〜125cc)と原付の¥1000(50cc以下)に毛が生えた程度!しかも2人乗りが可能!そんなニーズにピッタリのスクーターがマジェスティー125です!



>>マジェスティー125のカスタムパーツはコチラ!

何より125ccに見えないスタイリッシュでデカイ車体もマジェスティー125の魅力ですね。 250ccや400ccだけがマジェスティーではありません。マジェスティー125も立派なマジェスティーなのです。

マジェスティー125fiと価格相場

マジェスティー125は台湾ヤマハで生産されている輸入車です。そのためヤマハ日本公式サイトにもマジェスティー125に関する情報は記載されていません。マジェスティー125のラインナップは3種類。それはインジェクションかキャブレター、そしてメーターがテジタルかアナログかの違いになります。一番の人気はインジェクション&デジタルメーター仕様のマジェスティー125fiです。始動性と排ガス対策を考えるとマジェスティー125fiがオススメです。また、マジェスティー125は輸入車のため販売価格はオープン価格となり、新車価格相場はおよそ¥291.000〜323.880となっています。過去には原油高の高騰により、一時的にマジェスティ125の価格が30万円代後半まで値上りしたこともあるので、マジェスティ125を新車で検討している方は価格相場と、アフターパーツの供給を考えた販売店選びも大切なポイントです。



マジェスティー125のカスタム

マジェスティー125のカスタムも楽しみのひとつ!新車を買うなら程度の良いマジェスティー125の中古を探して、余ったお金でカスタムするのアリかもしれません。125ccは車検がないので思いっきり改造しても安心です。また、マジェスティー125では走り重視のカスタムよりも、ハンドルやシート、カウルなどの外装カスタムが中心となると思います。そもそも走り重視なら、初めからマジェスティー125という選択は無いかもしれませんね。そして、マジェスティーの定番カスタムともいえるマフラーとハンドル交換は是非とも押さえておきたい改造です。マフラーは様々なメーカーから発売されていますが、音量を押さえたデザイン重視のものがオススメ。音だけ大きいマジェスティー125というのもイマイチですよね。ハンドルは個々の好みですが、ブレーキホース等の交換が必要になるので、信頼のおけるショップでのカスタムをオススメします。


マジェスティー125の新車・中古購入からカスタムまで!マジェスティー125の情報です。

CB750FCB1300CB400F250TRFTRグラストラッカーRZ250GPZ900Rゼファー750

Copyright (C) マジェスティー 125 All Rights Reserved.

リンク集1リンク集2リンク集3
経済